これから新規クリニック開業をしようとしているドクター、開業場所が中々見つからないドクター、内装費は本当に適切な数字なんだろうかと思っているドクター、色々なお悩みにお答えいたします。
年末のご挨拶

もう、今日は三十日になってしまいましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

おそらく、大掃除も終わりゆっくりくつろいでいることと思います。

 

11月、12月に多くの新規開業や医業承継の相談が来て、ブログの更新が出来なくなりましたので、今回はお約束の内装工事と医療機器のお話は来年に変更させていただきます。

 

今年も、新規開業や医業承継でいろいろな経験をさせていただきました。

まず、新規開業では5月に内科の先生が開業してから半年もたたないうちに、1日80人の外来患者が来たり、10月に都内で開業した皮膚科を新規開業した先生が1か月目から50人超の外来患者来たりと、診療圏調査の1日推定外来数を超える結果が出て驚くやら安心するやらの結果が出ました。

 

また、医業承継では承継した先生が調剤薬局が近くにないので近くに来てもらいたいとの要望でしたので、調剤薬局様の依頼でクリニックの近くにある古い建物を所有している地主さんへ不動産を売却して欲しいとお願いをしたところ、多少時間がかかりましたが来年の1月末に所有権移転の了解を得て売買契約を締結しました。

 

その他、私が開業のお手伝いをさせていただいた先生の紹介で、形成外科の承継を考えている先生を紹介されました。この案件はクリニックを譲渡したい先生が貸主と締結した賃貸借契約書が曖昧で、テナントを返却する場合、貸主側の孝治業者を使い事務所仕様にしてテナントを返却することになっており、その事務所仕様にするには1,300万円もかかるという見積もりが出てきたとの事でした。

引き受ける先生にとっては、自分が借りた後に出て行く時、事務所仕様に1,300万円もかけることはできないと言うことになりました。

 

そこで、私が貸主と交渉してテナントを返却する場合は貸主の業者の見積もりが高い場合は、借主の業者で事務所仕様に変更することを了承していただくことで了解を得ました。

 

その他、婦人科や内科、眼科、整形外科、心療内科等、多くの新規開業の相談や医業承継の相談があり、年を越してしまう状況になりました。

私は、開業場所や医業承継に関しては、自分が調査を行って自信を持ってご紹介できる場所以外は、絶対にお手伝いをしないスタンスをとっているので、場所選定に時間がかかる場合が多々、あります。

これは、絶対に譲れない部分なのでご理解を頂ければと思います。

 

現在、開業場所選定が本当に重要な時代ですので、開業にあたっては十分に注意が必要です。

失礼ですが、私の知っているコンサルタント業者(医療機器メーカーや薬品会、ハウスメーカー社等)は、先生が良いと言えば開業に不適な場所でも、そのままアドバイスもせずに開業させてしまうことが多く見受けられます。

そのため、開業して2〜3年しても軌道に乗らないということになっている施設が見受けられます。それらの先生方からの経営相談も、多く来ております。

 

そこで、当社は来年2月から当社独自の開業して成功するノウハウを駆使して、1都3県で半年以内に月間で黒字化する開業場所を厳選して皆様へご紹介する予定です。現在、その作業を行っておりますので、用意が出来ましたらこのブログでもご案内をさせていただきます。

 

また、来年もこのブログをご利用いただければ幸いでございます。

それでは、良いお年を迎え下さい。

 

お読みいただきまして、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末のご挨拶 comments(0) -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode