これから新規クリニック開業をしようとしているドクター、開業場所が中々見つからないドクター、内装費は本当に適切な数字なんだろうかと思っているドクター、色々なお悩みにお答えいたします。
新型コロナウイルス

前回、投稿してから3か月が過ぎてしまいしましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

4月は、田植えの準備と田植えや畑の農作業で、休日もなく働いていました。その他に新規開業の仕事はなかったのですが、医業承継が続けざまに入り、ブログを書く時間が見つかりませんでした。

やっと、7月15日(水)、都内で内科を承継したクリニックが開業して一息ついたので、ブログを書く時間が取れました。

 

新型コロナウイルスの問題が発生してから、1都3県で私が開業支援を行った施設からどの位、影響があるかヒアリングを行いました。

影響が大きかったのは、科目にもよりますが都心部の会社や事務所等がある地域で、患者の減少幅が半分以下の施設があり、地方は20〜30%のようでした。

 

そこで、私が減少幅の大きい施設に対して対応策をアドバイスしました。お陰様で患者様の戻りが悪い部分はありますが、減少幅が縮小した施設があります。

嘆いていても、何の得にもなりませんので、その施設に応じた対応策を考えるしかありませんね。

話は変わりますが、まさか新型コロナの問題がサプライチェーンやすべての産業に大き損害を与えるとは思ってもみませんでした。

その結果、新型コロナウイルスの問題が、これまでの世の中の経済や金融等、あらゆるシステムが変革せざるを得ない状況におかれました。

 

私が尊敬する故船井幸雄先生が生前、2020年ころから、この世の「建て替え(破壊)・立て直し(再生)」が始まるだろうと言っていました。まさに、その建て替え(破壊)が、この新型コロナウイルスの出現によって、今年から始まったと思います。

この「建て替え(破壊)」は2025年ころまで続き、これまでの世の中の経済や金融等、あらゆるシステムが壊され、その後、新しい時代に即した「立て直し(再生)」が始まるだろうとも言っておりました。

 

私も、この世の「建て替え(破壊)・立て直し(再生)」で、全く新しい経済や金融システムを構築しなければ地球環境の破壊が止まらず、それによる人類への悪影響により「サステナビリティ(持続可能性)」な世界を構築することは不可能だと思います。

 

それでは、どうしたらサステナビリティ(持続可能性)」な世界を構築できるか、私なりの考えを書きます。

経済分野では、これまでの大量生産・大量消費を改め資源の無駄使いをなくしていくことです。特に、地球環境や生態系を破壊している農薬や化学肥料を大量に使用している現代農業を見直し、出来るだけ無農薬・無化学肥料で作物の生産を行う農業に転換することが必要です。

日本は、出来るだけ地産地消が出来るシステムを構築し、サプライチェーンが動かなくなっても食糧不足にならないようにすることが必要だと思います。

 

私は、平成13年に故船井幸雄先生の教えに従って、今の会社の他に食糧不足に対応するためと体に良い「無農薬・無化学農業」で野菜や果物を作るためと、環境浄化を行うための会社「ガーディアン株式会社」を設立しました。

現在、埼玉県加須市で有効微生物を利用して「無農薬・無化学農業」によるお米と野菜を作る実験を行っております。

ここで取れたお米と野菜は、私が開業支援をさせて頂いた先生方に食べて頂いております。

 

金融部門では、リーマンショックの原因になった「デリバティブ(金融商品)」の過度な運用は控えて金融の博打を禁止することです。

博打は、一方が儲かると他方は損することになり、いずれは破綻することは目に見えているので、金融のデリバティブは禁止にした方が良いと思います。

 

表には出ていませんが現在、世界のデリバティブの想定元本は約6京円とも言われています。特にドイツ銀行の想定元本は約5千兆円と巨額になっており、この銀行が破産すると噂されています。もし破産したら世界の金融システムは一瞬で崩壊し、2008年9月リーマンブラザーズがサブプライムローンで破綻したリーマンショックの10倍以上の負債が発生(金額は不明)するだろうと言われています。

 

そうなると、現在の金融システムは一から出直しをして、新しい国際金融システムを構築しなければなりません。その、システムの構築には今年の1月1日のブログにも書きましたが、仮想通貨で使用されている「ブロックチェーン(分散型台帳)」の技術です。

仮想通貨は、ビットコインが有名ですが、このビットコインに使用されているのがブロックチェーンです。

この技術はあらゆる産業に利用されると言われており、すでに多くの産業で利用し始めているようです。

このブロックチェーンは、第4次産業革命を起こすと言われているので、皆様も調べて下さい。

 

今回は前回、お約束をした広告・宣伝の事と567月に経験した医業承継の事について書く予定でしたが、新型コロナウイルスの事から派生して記事が長くなりましたので、次回に回します。

 

お読みいただきまして、有難うございます。

 

 

 

 

 

 

 

報告 comments(0) -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode