これから新規クリニック開業をしようとしているドクター、開業場所が中々見つからないドクター、内装費は本当に適切な数字なんだろうかと思っているドクター、色々なお悩みにお答えいたします。
内装業者の話
 アット言う間に、一年が終わりそうです。いつも言っていますが、本当に一日の経つのが早すぎて、参っています。
 
 今回は、今月開業した内科クリニックのA内装工事会社が起こした問題を書きます。
今年の4月、B社からC先生が開業したいので、物件を紹介して欲しいと依頼がありました。運良く、D駅に通じるE商店街の真ん中に新築の2階に物件がありましたので、紹介しました。この場所は、人通りも多く1階のコンビニの1日来客数は800人を超えるほどで、市場調査の結果も、1日推定外来数が80人と多く、場所的には問題ない地域でした。この事をC先生へ伝えると、内見を行う前にテナントの平面図を見たいということなので、平面図を送りました。1週間後、平面図が出来、場所も気に入ったのでC先生の知り合いのA内装工事会社と一緒に内見を行いました。この、A内装工事会社が問題を起こしたのです。
 
 この内見時に、同行したC先生の知り合いのA内装工事会社がクリニックのサンプルの平面図を持参していました。この図面を見ると、待合室の椅子が4人分しかありませんでした。私の経験から、この場所は多いときには患者様が80人から100人は受診する可能性が高いので、椅子が4人分では不足すると思いました。おそらく、このA内装工事会社はクリニックの工事経験が無いと思ったので、A内装工事会社から今までどの位、クリニックの内装工事を行っているか聞きました。回答は、2か所でした。案の定、予想した通り経験の無い会社でした。
 
 そこで、私はC先生が開業後に困らないようしていただくために、直接、A内装工事会社には言わないでC先生へ待合室の椅子は多目に設置するように話しました。なぜ、工事会社へ直接言わないでC先生へ話すかというと、工事会社へ話すとプライドを傷つけられるようで、意地悪をされたり無視されたりするからです。
 
 次の問題は、開業後に廊下に下駄箱を設置していると、貸主から連絡があり現場を見に行きました。確かにクリニックへ入る出入口の共用部の廊下に、下駄箱が設置されていました。ビルの共用部の廊下には、消防法では設置物を置くことは禁止されています。そこで、内装工事会社へ下駄箱の設置は違法なので、撤去するように申し入れました。工事会社曰く、下駄箱位は大丈夫だろうとのことでした。(本当の話ですよ)
 今まで沢山、開業のお手伝いをしてきましたが、このような初歩的な事を知らない会社は初めてです。

 
 三度目の問題は、この内装工事会社は内装工事のために貸主から借りたテナントの駐車場の鍵を複製してはいけないと言われているのもかかわらず、鍵を複製して工事終了後も駐車場に出入りするなど、常識では考えられないことを行っていたことが発覚したのです。
 以前も書きましたが、クリニックの内装工事を行ったことが無い会社へ工事を依頼する事は避けた方が賢明です。内装工事が済んでからの改装は多額の費用が掛かりますので、知人と言えども、経験豊富な会社でなければ避けた方が良いと思います。
 幸いにも、C先生は初日から患者様(38人)が多く受診されて喜んでいます。
 
 次回は、駅ビル内で開業して移転を余儀なくされたクリニックの件を書きます。
 
 お読みいただきまして、ありがとうございます。
 
開業の報告 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://tenantaw.clicin-success.com/trackback/42
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode