これから新規クリニック開業をしようとしているドクター、開業場所が中々見つからないドクター、内装費は本当に適切な数字なんだろうかと思っているドクター、色々なお悩みにお答えいたします。
移転の話
今回は、3年前に山手線と京浜急行線が乗り入れているS駅の駅ビルで内科を開業していたが、患者様が少ないので移転するA先生の事を書きます。

昨年の10月下旬、私が20年以上、情報交換して新規開業の先生も紹介いただいているMメガバンクから、取引先のA先生が移転したいので良さそうな場所を探して欲しいと相談を受けました。
A先生は、1日平均乗車人員が329,679人と多いターミナル駅のS駅ビルに入居しております。
しかし、A先生が3年前に開業してから、これまで毎月、収支トントンのようです。
入居条件はテナント面積が30坪で、家賃が75万円(月額)でした。この場所を選んだ理由を聞くと、1日平均乗車人員が多いから大丈夫ですよと、Bコンサルタントから言われたからとの回答でした。
良く開業セミナーでクリニックの立地条件は「駅前で、人通りが多い1階が良い」と言います。しかし、これは本当のように聞こえますが、私の経験からするとそうでもないのです。駅前の長所と短所は、次の通りです。

長所
1.比較的人通りが多く認知されやすい。
2.電車で受信する人にとっては利便性が良い。

短所
1.家賃が高い 
2.
競合施設が多い 
3.テナントが多いので、競合施設が参入しやすい。
確かに、駅前は人通りが多くて患者様が来そうに見えます。しかし、駅前のクリニックを利用する人は、駅の周辺の会社や事務所、商店等で働いている人がほとんどです。駅から離れている住民のほとんどは、自分が住んでいる近くのクリニックを利用しているのです。わざわざ、離れていて交通量の多い場所まで受診しに行く患者様は少ないのではないかと思います。






 
そこで、移転先はどんな場所を希望しているかを聞きました。その回答は、1日平均乗車人員の多い駅前の1階で人通りの多い場所でした。私はこの回答を聞いて、また同じ間違いをすると思い、老婆心で希望している駅は競合が多く、損益分岐点に乗る場所ではないと伝えました。
ところが、A先生は聞く耳を持たないのです。確かに医師は医療のプロですが、新規開業に関しては多くの場数を踏んでいる私がプロなのです。餅は餅屋で、一生に一度の開業を行うときはプロのアドバイスを聞くことが大事です。今までの経験から、素直にプロのアドバイスを聞く先生が成功しているのです。ただし、本当に新規開業の場数を踏み経験豊富で開業に熟知しているプロを選ぶことが前提となります。私のアドバイス聞かないのでA先生には内緒で、現在開業しているクリニックを起点として市場調査を行ました。

調査結果は、診療圏と思われる範囲の中に競合施設が27か所で、1日推定外来数は18〜20人でした。案の定、前述した短所「2.比較的競合施設が多い」に当てはまります。これでは、何年頑張っても損益分岐点には乗らないでしょう。
この結果を伝えて考えを変えてもらおうとしたのですが、希望地の駅前は避けた方が良いというアドバイスが気に入らなかったのか、連絡がつかなくなりました。仕方がないので、紹介者であるMメガバンクにその旨を報告して様子を見ることにしました。最近、このように途中から連絡が取れなくなる先生が多いのです。特にメールでやり取りをする先生が多いですね。
先生が同じ間違いをしないことを祈っております。

次回は、現在、私が計画している「新規開業計画物件」を、お知らせいたします。
お読みいただきまして、ありがとうございます。










 
情報 comments(1) trackbacks(0)
comment
管理者の承認待ちコメントです。
From. - 2014/04/26 16:31









trackback
http://tenantaw.clicin-success.com/trackback/51
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode