これから新規クリニック開業をしようとしているドクター、開業場所が中々見つからないドクター、内装費は本当に適切な数字なんだろうかと思っているドクター、色々なお悩みにお答えいたします。
市場調査不足?
今回は、6年前に都内のS区の駅近くで内科を開業していたが、患者様が少ないので移転したA先生の事を書きます
この情報は、当社に物件探しを依頼してきたB先生から聞いた情報です。どんな場所なのか早速、市場調査を行うと同時に情報収集を行いました。

 
この場所の状況は、次の通りです。
  1. 競合施設数 ・・・  12施設
  2. 1日推定外来数 ・・・20人〜25人
この1日推定外来数では、何年たっても損益分岐点に乗らないでしょう。
しっかりと市場調査を行えば、この場所では絶対に開業はしないと思うのですが、どうでしょうか。
相変らず、駅前だからと安易に開業したのでしょうか。
科目にもよりますが、駅前で人通りが多い方からといっても、市場調査の数字が悪い場合には開業を避けた方が良いでしょう。

 このブログで、何度も書いているのですが、1日推定外来数が損益分岐点以下の数字しか産出されない場所では、開業しないことです。

話は変わりますが、4
月中旬、C先生(内科・循環器内科)がDメーカから神奈川県のTターミナル駅から徒歩4分の商業ビルを紹介されたので、物件の内覧に同行して欲しいと依頼がありました。
内覧の前に、簡易市場調査を行ったところ、1日推定外来数が10人でした。これでは、内覧するまでもないのですが、C先生の依頼なので内覧に同行しました。

 
このテナントは人通りも多いのですが、テナント内部は天井が低く、トイレ等の給排水管の場所が1ヶ所しかなく、また空調の室外機を9階の屋上に設置しなければならず、工事費が相当かかると思われました。
そこで、このテナントはメリットよりデメリットが大きいので、お断りするようにアドバイスをしました。
どうして、このような場所を紹介するのでしょうか、私には、理解できません。
 

私は、テナントを紹介する場合、事前に簡易市場調査を行い、事前にテナントの内覧を行って水回りや電気、空調設備等を調査してから、ご紹介を行っております。これを行わないと、多忙な先生方の貴重な時間を無駄にする可能性があるからです。
 
このようなことを書くと、同業者から嫌がらせを受けるので書きたくないのですが、開業を成功していただきたいために、敢えて書きます。
現在、本当に先生方の開業を成功させるためのコンサルティングを行っている会社(人)が少ないように思います。
なぜなら、先生が開業に失敗しても自分の懐は痛まないからです。
正直なところ、この業界で新規開業のコンサルティングが出来る会社(人)は、10
%もいないのではないかと思います。

その理由は、「市場調査が出来ない」事が挙げられます。ほとんどのコンサルタント会社(人)は市販のパソコンソフトを使用し、一番重要な現地調査や住民からのヒアリングもせず、楽をしてコンサルティングを行っているからです。
また、市場調査のノウハウも持っていないのです。
これでは、開業しても損益分岐点に達しない先生方が増えるのは当たり前です。
その結果、数年前から開業を行って
1年経過しても月間で損益分岐点以下の施設が多くなって来たのです。

 
次回は、当社のサイトを見たと言って情報収集するだけの人(先生)がいることを書きます。
 
お読みいただきまして、ありがとうございます。

 
診療圏調査 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://tenantaw.clicin-success.com/trackback/59
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode