これから新規クリニック開業をしようとしているドクター、開業場所が中々見つからないドクター、内装費は本当に適切な数字なんだろうかと思っているドクター、色々なお悩みにお答えいたします。
開業情報

お正月が来たと思っていたら、もう2月になってしまいました。

本当に、月日の経つのが早すぎます。

 

昨年の10月26日のブログに、群馬県T駅で開業したが経営不振で困っているA先生のことを書きましたが昨日、A先生から1月で閉院したと連絡がありました。

何もお役に立てなかったことが悔やまれると同時に、いい加減な市場調査を行った会社に怒りが沸いてきます。

何度も書きますが、市場調査には十分注意を払って下さい。

 

今回は、12月の忘年会で聞いた開業にまつわる事を書きます。

私が情報交換を行っているAコンサルタントが、新規開業支援をしているB女医先生のCご主人(一流企業の社員)が張り切り過ぎて自分の事しか考えないので困り、コンサルテント契約を解除した話です。

 

Aコンサルタントは、10年以上、開業支援を行っているベテランです。困っている内容とは、Aコンサルタントが内装会社や医療機器会社、デザイン会社等を紹介した会社からB先生が内装工事や医療機器、デザイン等の見積もりを取ると、Cご主人が直接、見積先へ電話をかけて値引き交渉を行ったり、過度な要求で見積先を困らせている。

そのため、Aコンサルタントへ数社から、B先生とは取引したくないと連絡が入ったとの事です。

 

また、従業員面接に顔を出し自分を基準にして面接者にスキルアップを要求したり、プライバシーに関する事を聞いたようです。

そのためだと思うが、採用しようと思って数人からお断りを受けたようです。

そして、本来はAコンサルタントの仕事にも関わらず、Cご主人が勝手に開業準備を進めてコンサルタント料金を値切ってきたとの事です。

これには、さすがに呆れて、Aコンサルタントはコンサルティング料金の手付金だけを貰い、途中でコンサルティングをお断りしたそうです。

 

Aコンサルタント曰く、このような人は開業しても経営に口を挟むので、職員のモチベーションが下がったり退職したりして上手くいかない。私がアドバイスしてもろくに聞かないで、問題が起きた時だけ相談に来る。これでは、信頼関係が構築出来ないので長いお付き合いが出来ないとの事でした。

 

医療業界は狭いので、このような情報はすぐに伝わり誰も取引をしなくなる可能性が出てきます。

良心的な経営を行っている業者は、ほとんど出てこないと思ったほうが良いと思います。

取引をする業者が出てきた場合は、取引をするリスクに見合ったそれなりに高い金額を提示してきます。私もこのようなケースを見ていますが、結果的には高い買い物になっています。

 

以前も書きましたが、開業には多額の資金がかかるためどうしても、過度に値引き要求をしたくなります。しかし、相手がある事なので自分だけの要求を通そうとすると、どこかに必ず無理が出て来るのです。今回の場合は、コンサルテント契約を解除され、これから取引先となる可能性があった会社からは信用されなくなったというデメリットが発生したのです。

 

「お金が大事か、信用が大事か」。
私は、お互いが共存共栄できる取引を行います。

皆様はどうでしょうか。

 

次回は、仙台から内科と耳鼻科の開業希望の先生からの相談事と、成功するコツを書きます。

お読みいただきまして、ありがとうございます。

 

 

 

 

 


 
情報 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://tenantaw.clicin-success.com/trackback/70
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode