これから新規クリニック開業をしようとしているドクター、開業場所が中々見つからないドクター、内装費は本当に適切な数字なんだろうかと思っているドクター、色々なお悩みにお答えいたします。
ご連絡
今回は、お知らせです。
私は、昨年から漢方の勉強を始めました。始めた理由は、医療業界で仕事をしていている中で、なぜ病気になるかということに疑問を持ったからです。調べた結果、病気になる原因の一つは、毎日の食事でした。

その食事の中で、病気に関わる物は何かを考えて気が付いたことは、農薬や化学肥料を使用して栽培している野菜が原因ではないかということです。

今の野菜は、化学肥料を使用しない時代に栽培した野菜に比べてビタミンやミネラルの含有量が60〜70%も少ないと言われています。そこで、私はこれが本当なのかどうか自分で横浜市都筑区に60坪の畑を借りて無農薬・有機農業を行い、そこで採れた野菜と同じ種類の野菜をスーパーで購入して7種類のミネラル分析を行いました。結果は、巷間言われていた事と同じように、スーパーで購入した野菜は私が栽培した野菜よりミネラル含有量が50〜200%も少なかったのです。
これを見て、これではミネラル不足で病気になる人が出てきてもおかしくないと思い、漢方と薬膳を勉強して健康を維持・増進するシステムを構築しようと計画しました。

この計画の一環で、今年は埼玉県で農業法人を設立して無農薬・有機農業を行い安全・安心な野菜を栽培し、2〜3年後は地元に供給したいと思っています。野菜供給のほかに健康に役立つ料理を勉強するため、今月の14日(土)から17日(火)まで、台湾へ薬膳レストランや漢方薬店、薬膳メニューを出す産婦人科、薬膳ケータリング会社等の見学に行きます。


来年は、私が港区で開業のお手伝いをさせていただいたI先生(内科)とタイアップして、薬膳をベースにした健康指導による集患対策のツールを作成する予定です。このツールは、クリニックの差別化にも利用できると思っています。上手くいったら、これまでお手伝いをさせていただいた先生方にテキストを配布して行く予定です。

昨年の後半から、開業ラッシュと同じような上状況になりつつあります。そうなると、今までと同じような医療をしていては患者が減少していく可能性がありますので、同業者との差別化を図る必要があります。これから、開業する先生方は医業戦略の良否で、黒字化する時間が変わってくると思います。開業支援を行っている人にコンサルティングを依頼する場合は、将来を見据えた医業戦略を教えていただいた方が良いと思います。
次回は、開業に関するお役立ち情報を書きます。

お読みいただきまして、ありがとうございます。

 
報告 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://tenantaw.clicin-success.com/trackback/71
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode