これから新規クリニック開業をしようとしているドクター、開業場所が中々見つからないドクター、内装費は本当に適切な数字なんだろうかと思っているドクター、色々なお悩みにお答えいたします。
経営不振

急に暑くなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

実は、10年前から構想を練ってきました漢方を基にした「薬膳レストラン」を、4月5日に自由ヶ丘駅北口から徒歩5分の場所で、開店致しました。

このお店は、開業後に早く黒字化させるための集患対策として「食育や薬膳料理セミナー」を行う事を目的の一つに挙げております。今後は、新規開業のお手伝いをさせていただくお客様を対象に、開業後に患者様や地域住民に対して食育や薬膳料理セミナーを行う予定です。

 

今回は、開業してもなかなか黒字化しない施設の事を書きます。

相変わらず開業後、事業が軌道に乗らないのでどうしたら良いかとの相談が多くきております。

表には出ておりませんが、開業してもなかなか黒字化しない施設が増えているように感じます。その理由は、何度も書いておりますが、基本的な市場調査を行わずに開業した先生が多いからではないかと思います。

 

今回は、千葉市で開業したA先生の事を書きます。

A先生は開業して半年を経過しても、1日の外来数が10人程しか来ないとの事で、どうしたら良いか相談に来られました。

A先生から、どこの会社が開業のコンサルタントを行ったかをお聞きしたところ、本業は物販でコンサルタントは片手間に行っている会社でした。この会社は、コンサルタント料金は無料なのでコンサルタントを依頼したとの事です。

 

A先生から相談が来たことは、これもご縁だと思い市場調査を行いました。調査結果は、1日推定外来数が21人でした。この数字は損益分岐点以下なので、この場所で開業を継続することは難しいのではないかと報告しました。

A先生は私のアドバイスに納得して、移転することにしました。幸いなことに、A先生が希望する地域に良いテナントがあることを知っていましたので、ご紹介をさせていただきました。この場所は、1日推定外来数が62人と多く、損益分岐点を大幅に超えているのでA先生は12月に移転すると決心しました。

 

本音を言うと、このようなご相談は引き受けたくないのです。なぜなら、移転して失敗すると取り返しのつかないことになるので、相当なプレッシャーとストレスがかかるからです。

過去に、物販が主力の会社が開業コンサルタントを行った2施設(脳外科と内科)の先生から、軌道に乗らないのでどうしたら良いかと相談がありました。

調査結果が良くなかったので、同じ年にこの2施設を東京都と埼玉県に移転させたことがあります。

 

移転先には自信があったのですが、夜も眠れないほどのプレッシャーとストレスに襲われたことがあります。これは、経験した人でないと判らないと思います。

お陰様で、この2施設は半年もかからずに月間で黒字になったので良かったのですが、二度と移転のコンサルタントは引き受けたくないと思いました。

しかし、困っている施設から相談が来ると、つい相談に乗ってしまう自分に呆れております。

 

前にも書きましたが、コンサルタント業務が副業の会社はコンサルティング能力に疑問の多い人が担当しているケースが多いので、出来るだけ避けた方が無難です。また、無料でコンサルタントを行うということ自体、私には信じられないのです。

コンサルタントは相当な時間をかけて市場調査を行い、この調査結果を基に事業計画書を作成して開業の可否を決定します。これが、無料で出来るはずがないのです。

必ず、かかった費用をどこかで回収するのです。その回収方法は、お判りだと思いますので、ここでは書きません。

 

前述したように、開業してもなかなか軌道に乗らない施設が多いようなので、この原因の一つを書かせていただきます。

何度も書いておりますが、開業場所を選定する場合は詳細な市場調査を行い、その結果に基づいた事業計画書を作成することです。

こういうと、そんなことは開業する場合、当たり前だろうと言います。それなら、何故、なかなか軌道に乗らない施設があるのでしょうか。

この当たり前なことが出来ていないから、軌道に乗らないのではないでしょうか。

 

これまで、相談を受けた経験から少なくとも関東でまともに「市場調査」が出来る会社は、5社も無いのではないかと思います。

殆どのコンサルタントは、パソコンのソフトを使用して市場調査を行っております。私が、このソフトを利用しているコンサルタントに、調査結果がおかしいのではないかと質問すると必ず「これは、あくまでも参考資料です」と、回答します。

 

皆様、この回答を聞いてどう思いますか。私は、この回答を聞くと開業するときは数千万円の借入をするので、参考資料を提供することは開業するお客様に対して無責任ではないですか。
これで、失敗したら責任を取れるのですかと、聞き返します。

これに対する回答は、最終的には先生が決めることだから、自分には責任がないという言い方をします。
このような考えなら、コンサルタンとはしない方が良いと突っ込みたくなるのですが、それは言いません。

例え無料でも、コンサルタントを引き受けた以上、責任を持って市場調査を行うべきだと思います。

 

格好の良いことを書いていると思うでしょうが、先生方からコンサルタント会社は信用できないと言われることが恥ずかしいので、批判を承知できついことを書くのです。

本音を言うと、私のところに経営不振の相談が来ないようにしたいのです。

この相談は、無料で行っており時間もかかります。現在、場所探しを依頼してくる先生方が多いので、場所探しに集中したいのです。

開業を成功させるポイントは、市場調査にかかっている事を再度、ご理解して頂ければと思います。

 

次回は、今まで100ヵ所以上、新規開業のお手伝いをさせていただきましたが、不動産仲介で経験したことがない場面に出くわしたことを書きます。

 

お読みいただきまして、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

相談 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://tenantaw.clicin-success.com/trackback/89
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode