これから新規クリニック開業をしようとしているドクター、開業場所が中々見つからないドクター、内装費は本当に適切な数字なんだろうかと思っているドクター、色々なお悩みにお答えいたします。
舩井語録

梅雨も明け猛暑が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

また、ブログの更新が遅くなりまして申し訳ございません。

5月の後半から、物件探しの依頼が多くなりました。また、関西方面から市場調査の依頼がありその物件探しや市場調査で東奔西走?しております。私は、自分が自信を持てない場所はご紹介しないスタンスを取っておりますので、物件を右から左へご紹介できないのが悩みの種です。

物件探しを依頼して頂いている先生方にお願いしたいのですが、物件の紹介が無い時は自信が持てる場所が出て来ないとご理解いただければと思います。

今回は、お約束しておりました「舩井語録・親身で生命がけ」を書きます。

 

舩井語録

人は自分だけではなく「世のため、人のためになること」を親身になってやって欲しいのです。

親身は難しいようですが、自分に対するのと同じような気持ちになって他人に対すれば良いので、クセづけをすれば案外簡単にできるようになります。

 

私は昭和42年、34歳の時に、親身でコンサルティングする効果を覚えました。お客様のためにお客様の身になって生命がけになると良いということです。それから1万5000社くらい、経営のアドバイスを行ってきましたが、失敗は皆無と言ってよいほど、この「親身」「生命がけ」は効果がありました。そんなに難しいものではありません。

 

「宇宙の原理」では、「我々はサムシンググレート(神)」の分身であるが、マクロにみればすべては一体のものだ」と思えますので、理にかなっています。是非試してみてください。

知恵があり、自由である人間として是非、クセづけてやってみて欲しいのです。

 

それと親身になりますと、他人に対しましても、我が子に対するように原則としては認めて褒めるのが正しい対処法と言うことが分かります。これも「クセづけ」すれば、すぐにできるようになります。他人様に対しては、たまには否定し、批判し、悪口をいうより欠点の指摘をするもの必要でしょうが、できれば最低限にしておくのが賢明な人間のすることだと、はっきり経験上から分かるようになるはずです。

「本物の生き方」(2011年・海竜社)

 

私は、開業物件探しを行うときは、この教えを基に自分の足で物件を見学し、診療圏の地理的状況を観察し、診療圏の周囲の住民から競合施設の状況のヒアリングを行います。そして、1日推定外来数を計算して損益分岐点を超えるかどうかを確認し、ヒアリングの結果と照らし合わせて自信が持てる場所以外は、物件の紹介をしないようにしています。

 

数年前から、開業してもなかなか軌道に乗らないクリニックが見られますが、これはコンサルタントが開業場所としては不適格と思われる場所でも、先生が良いと言えばそのまま開業をさせていることも原因の一つではないかと思います。

 その一例を挙げます。

私が知っているA会社のB営業マンに市場調査はどのように行っているのかを質問したところ、パソコンソフトで作成していると回答しました。私は、パソコンソフトは欠点が多すぎて信用できないのではないかと質問しました。

それに対してB営業マン「あくまでも参考だから」と言い、先生がこの場所で良いと言えば開業させるとの回答でした。

いくら市場調査を無料で行っているからと言っても、この回答は無責任ではないかと思います。

私には「あくまでも参考だから」という言い方は、先生が開業に失敗したときに「市場調査」が間違っていたので上手くいかなかったと責められたとき、市場調査は「あくまでも参考だから」といったが、先生が開業すると決断したのでコンサルティングを引き受けたという言い逃れのためとしか聞こえないのです。

少なくとも、コンサルティングを行っている以上、「あくまでも参考だから」という無責任はいい方は言って欲しくないと思います。

 

人生をかけて開業する先生方が聞いたら、何と思うでしょうか。「無料」だから、しょうがないで済むでしょうか。

自分が逆の立場になったら、しょうがないでは済まないのではないでしょうか。

このようなことは、有料でコンサルタントを行っている人にも多くみられます。

コンサルティングを行う場合は万一、開業が失敗したらどうなるかを考え「親身で生命がけ」で取り組んでいただきたいと思います。

 

何故、私がこのような事を書くかと言うと、私と面談した先生から時々、今のコンサルタントは信用できないと言われるからです。私は、開業用の物件を紹介するだけでなく開業支援も行っているので、コンサルタントは信用できないと言われることが恥ずかしいと同時に悔しいからです。

私の意図を、ご理解いただければ幸いでございます。

 

次回は、とんでもない市場調査書を書いているコンサルタント会社の事を書きます。

 

お読みいただきましてありがとうございます。

- comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://tenantaw.clicin-success.com/trackback/92
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode